メークアップの神様になりたい!
  • HOME >
  • 顏のシワが、その人の顔の一部として

顏のシワが、その人の顔の一部として

顏のシワが、その人の顔の一部として認識されるようになるのは、大体38歳くらいかなと個人的には思っています。

これくらいの年齢になると本当に実感するのですが、なかなか疲れがとれなかったり、クマとかほうれい線あたりの老けてみえるアイテムが急に顏の中で存在を主張しはじめる気がするからです。38歳以前は、肌が疲れているな、と感じても、ちゃんをケアをして睡眠をとればちゃんとげんきを取り戻していたと思うのですが、38歳になった途端、お肌の調子が整うまで、おもったより時間がかかってしまい、ずっと疲れたままになっていることが増えてきたように感じています。疲労に年齢を感じることはあったのですが、最近は肌に年齢を感じるようになってきました。


笑っていないときでも目尻にシワができていて、多少はあったけれど、こんなになかったはず!と思いました。肌のお手入れひとつとっても、夜遅く帰宅しても、ちゃんとしています。



それに目の周りは温度が低く皮膚も薄いので、専用アイテムを色々試してみて、効く保湿を欠かさないようにしています。

これでも万全でなかったとは。
シワやたるみには、表皮の薄さが関係しています。シワが急に増えてきたり、できやすいように思ったら、自分の肌質を確認してみましょう。

乾燥している時期に肌がつっぱってくるようだと気をつけたほうが良いだといえます。
普通に保湿していても水分を保持する層(表皮)が薄いので、劣化(老化)が進行しやすいです。

一気に老化が進んでしまうので、早いうちからエイジングケアを意識しておくのがいいだといえます。
早いうちに適切なケアをするのが肝心です。


大手のエステのコースの中には、シミやソバカスを薄くしたり、なくしてしまうコースが設定されているところもあります。ファンデーションやコンシーラーで隠そうとしてもきれいに隠すことは難しく、精一杯がんばって隠してファンデーションやコンシーラーを厚塗りしてしまうということも起こりがちです。そのような悩みの解決にエステが役立ち、カバーメイクなしのお肌に変われるようになります。
さいきん肌の色が悪い、部分的に乾燥してメイクのノリが悪いという人は必見です。それ、実はシワの前駆症状なんです。

パックをして潤いを補ってあげるといいですね。表面の代謝も高まるので美容効果も高いです。

身近なものをパック剤として利用することもできます。

市販の無糖ヨーグルトに米粉(小麦粉なら少なめに)を混ぜたものを顔の上にぺたぺたと塗っていくだけです。



しばらくして、ぬるま湯できれいに落とします。
乳液ほど重くなくて、ニキビ肌やアトピーの人でも安心して出来ます。天然成分オンリーでペタつかず自然なもっちり肌で、小皺や部分的な乾燥にもしっかり作用します。小麦粉を入れるとパックらしくなりますが、皮脂を除去する力が強いのであまりオススメしていません。太ると老けるなアト思ったので、雑誌で見たダイエット(ファスティング)して、お腹周りが随分スッキリしました。



きれいになりますからにそれなりの苦労をして、サプリで栄養補給してストレッチも欠かさなかったのに、首や顔の肌がくすんで、夕方にはシワが目立つことも(!)。
きちんとメソッドに沿ったダイエットのつもりでしたが、いきなりですし、やはり関係があるのかも知れないので、お手入れ不足も考えられるので、肌のメンテを念入りに行っていこうと思います。目立つ深いシミが肌にあり、消したい時に効果的な治療法は、皮膚科などで施術を行ってもらうレーザー治療やピーリングがあげられるのです。

これらの治療のいい点はただちに効き、短期間でシミが気にならなくなるということだといえます。
シミを消すのに病院までは考えてないのなら、薬局やドラッグストアなどの皮膚薬コーナーにある市販のシミ治療薬で内服治療するか、美白成分であるハイドロキノンが使われている美白化粧品(次から次へと新しい技術、新しい成分が開発されて新商品がでますね)などがシミケアには有効です。


肌を手入れするとき、乾燥シーズンはことさら注意しなければなりません。
目の周りはもともと代謝が低いので要注意です。

シワの基になる細かいヨレが出てきたり、体質によっては、ひどいかゆみや目尻のただれを我慢している人もいます。一度こういった状態になってしまうと、アトからリカバリするのは難しいため、早めのお手入れを御勧めします。

目の周囲には通常のお手入れのほかオイル(脂質)を使うと効果的なのです。精製された天然オイル(アレルギーが出にくい)を使ったり、伸びが良いものなど、自分に合ったものを使用しましょう。一般的に「きれいな肌」と言いますが、具体的にはどんな肌を指すと思いますか。
なめらかな肌やハリのある肌では皮膚の三角模様が小さく整然としていますが、表皮が荒れて薄くなってくると、模様が遠目にわかるほど大聞かったり、不規則に伸びているはずです。
皮膚の防御役である表皮の機能が衰えてくると、真皮へのダメージは不可避です。
真皮がいわゆる「重力に勝てない」状態になってしまうと既にできていたシワが濃くなったり、新しいシワができてくるのです。お肌にシミができてしまうと、本当に嫌なものですね。



私の場合、肌をケアする上で、プラセンタ美容液を取り入れているのです。
きれいに洗顔した後の素肌にたっぷりと与えて、化粧水、乳液といったものでケアします。高濃度プラセンタ美容液でケアするようになって、肌の透明感が増して、嫌なシミもおもったよりましになってきました。

関連記事はコチラ

メニュー