メークアップの神様になりたい!
  • HOME >
  • 虫刺されの痕をずっと掻いていたり、

虫刺されの痕をずっと掻いていたり、

虫刺されの痕をずっと掻いていたり、花粉症の人がよくやってしまうように、ひっきりなしに鼻をかむと、それだけで肌は薄くなる沿うです。

肌の最も外に位置するのは表皮ですが、これはとても薄い層がいくつも重なってできており、掻いたり擦ったりを繰り返すと、表皮の薄い層はすり減っていきます。表皮はいわば、皮膚のバリアですから、これがすり減ると、すぐ下の真皮も損傷が及ぶ可能性が大聞くなってくるのです。



真皮までダメージをうけてしまうと、真皮は肌を支える力を失って、こうしてシワやたるみは生まれます。

スキンケア真っ最中にとあるインスピレーションを得ました。肌が柔らかく、じゅうふん保湿が行き届いているとしわもなかなかできにくいのではないでしょうか。
目尻にある細かいしわとか、ほうれい線とかがどうしようもないと思いつつ、悩みの種だったのですが、しばらく前から炭酸パックを始め、なんだか肌の柔軟性が上がったように感じてきた頃には以前とても気になっていたしわも、気にならないくらいになっていました。
炭酸パックのおかげだとしたら、嬉しいですね。



肌にシワができる原因は、細かく挙げれば多彩なのです。
しかしながら、最大の原因と言えるのは「乾燥」です。皮膚の水分が不足することで乾燥が進み、皮膚表面のシワが増えて行く事になるんです。
ところで目尻はシワの目たつ場所としても良く知られていますが、ここは皮脂の分泌量が少なく、乾燥の影響をうけやすくなっており、それで、この部分にいち早く小ジワが出現するという訳です。それから、加齢に伴ってコラーゲンやヒアルロン酸といった、皮膚の張りを保つための成分が減って行く事になり、こうしてシワ、たるみは発生していくわけです。


シミだらけのお肌になってしまったら、実年齢よりも年上に見られてしまうでしょう。



加齢に伴って、傷の治りも遅くなり、少しの日焼けでも大きなダメージとなってしまうので、日焼けに対してさらに警戒しましょう。手軽な日焼け止めや帽子といったものでなるべく紫外線を浴びないようにし、それといっしょに、たくさんビタミンCをふくむ緑黄色野菜やフルーツといったものを、進んで摂るようにしてちょーだい。鼻炎やアトピーなどで肌をこすっていると、肌が薄くなります。


刺激で肌が強化されるかというと、まったく逆なんですね。表皮は一定期間で外側の層が剥がれ落ちて再生しますが、刺激の回数や量が多くなると肌の再生サイクルが弱まり、表皮の下にある真皮に深刻なトラブルとなって現れてくるでしょう。



このような状態ではリフト機能が弱まってしまい、張りが失われてたるみやシワができ、一気に顔の年齢が進んだように感じるのです。

みかんはビタミンの含有量がとても多く、シミやソバカスのないお肌を創るためには、大事な役割を果たしてくれます。



みかんを食べるときに、気をつけてほしいことがあるようです。朝食でみかんを食べてから紫外線を浴びると、柑橘類に多くふくまれるソラレンという成分が紫外線へ敏感に反応するように作用し、逆にシミの原因になることもある沿うです。




美肌(何よりもまず、肌トラブルがないというのが最低条件でしょう)のために食べるのなら、みかんは夜食べることを心がけましょう。適度に日焼けした小麦色の肌は、健康的で明るく若々しさを相手に与えられるものですが、小麦色の肌には憧れるけど、シミは困るという悩ましい一面があるようです。シミができるのが嫌なら、出来るだけ日焼け予防をするしかないですね。顔にシミが出来ないようにするコツは、こまめな日焼け止めの塗布です。

アトは、帰宅してからのケア。速やかにローションなどで炎症を抑えてちょーだい。

一般的に女性は年齢を重ねていくにつれ肌のシミ、角質といった悩みが生じてきます。

ごく当たり前の現象ではあるのですが、見た目からのイメージとしては決して良いものではないでしょう。



とはいえ、スキンケアにより改善の可能性は充分あるようです。怠らずに毎日のスキンケアをつづけて、きれいで若々しい肌を再び手に入れたいですね。アラサーになりましたが、そんなことも関係なく、仕事に追いまわされる毎日ですが、ある時、鏡をのぞいて自分の肌の汚さにびっくりしてしまいました。

目の下のクマ、シワの増加がくっきり見てとれ、日頃の余裕のなさを形にして見せられたように感じました。こんなことがあってから、私は決めたことがあるようです。どんなに疲れて帰宅してもメイクしたままの顔で眠ってしまったりしないよう、ちゃんと一通りケアをして、肌を守るためにできることをしよう、シワの予防に努め、保湿もちゃんとしようと決めました。
素肌に年齢を感じるのって何歳ぐらいだと思いますか。私は40歳より少し前だと思います。だいたいその年代というと、加齢によって疲労がその日のうちにとれず、持ち越すようになり、乾燥した部分にシワができたり、口元の法令線が客観的にもわかるようになってきます。


それより前は、ちょっとぐらい肌がくすんだりクマが出来たりしても、大人(子供の頃は、二十歳を超えた人はみんなおじさん、おばさんにみえたものですが、実際自分がその年齢になってみると、案外、子供っぽい部分を残しているものですね)なりの保湿優先のスキンケアを行ってバッチリ回復させてきましたが、なぜだか急に、復活しなくなってくるのです。

復活がダメだった!という、ひたすらブルーな朝も増えたりして、そろそろ対策をすべきかと思っています。

関連記事はコチラ

メニュー