メークアップの神様になりたい!
  • HOME >
  • 顔や手などのシミは、一度できてしま

顔や手などのシミは、一度できてしま

顔や手などのシミは、一度できてしまうと消すことはとても難しい事だと考える方が大半でしょうけれど、お肌のシミが消しにくいのは、家庭で行う対策に限ったお話になります。

レーザーなど、美容クリニックで「治療」をしてもらえば簡単に消えるはずです。
もちろん、施術費用はそれなりにかかりますし、施術を受けた後にもお手入れを続ける必要がありますが、シミというコンプレックスを持ち続けてしまうよりはクリニックで専門医(より高度な知識と技術を兼ね備えているでしょう)からの治療を受けた方が良いかもしれません。

濃いシミが肌にあって目たつので取り除きたい。
そんな時に効果があるのは、皮膚科などで施術を行ってもらうレーザー治療やピーリングが挙げられます。
専門機器を使用した治療法の利点としては見るからに効き目が分かり、時間をかけずにシミをなくすことが可能なことですね。



皮膚科などに行かないで手軽に直したい場合には、薬局などで販売しているシミに特化した皮膚薬を使用するか、できてしまったシミに効果的な美白成分ハイドロキノンが配合された化粧品などを使うことでケアできます。一般的に、肌のシミの犯人といえば紫外線ですが、ホルモンバランスの乱れがお肌にシミをつくる原因の一つであるということはあまり知られていません。例として挙げるなら、最近、CMで話題の「肝斑」です。

この肝斑はホルモンバランスの乱れによってできるシミの代表であり、特に妊娠中とか出産後に多くみられることが特徴です。ピルの服用によっても肝班の発症率は上昇すると言われており、紫外線によってできるシミよりも治療面において厄介であるのもこのシミの特徴です。シワやたるみには、表皮の薄さが関係しています。

同年代よりシワが多いと感じたらいま一度、ご自身の肌とむきあってみてちょうだい。乾燥している時期に肌がつっぱってくるようだと残念ながら注意が必要です。


沿ういった肌は薄く、水分を充分にキープすることが出来ないため、すぐ弾力が失われ、色つやが悪くなります。

いままでシワがないからと思っていても、薄い皮膚は厚くはなりません。
自分の現在の肌質と年齢に合ったケアを考えてみるべきだと思います。肌質は個人差が大きいものですが、肌が薄い人はシワができやすいという話を、聞いたことはないでしょうか。



肌が乾燥しやすい、突っ張る、シワができやすいなどから「肌が薄いかも」と思っている人は肌を見て、チェックしてみましょう。

肌から血管が青く透けて見えているなら、大体薄い方だと考えてよいでしょう。



皮膚が薄いとどうしてシワができやすいかというと皮膚に厚みがあると、そこに水分を充分溜めておけますが、沿うでないと乾燥するのが早いので、肌のハリが失われて、沿うすると肌がしぼみ、シワがよります。肌は、年々薄くなっていくのが普通ですから、肌の状態には気を付けた方がいいでしょう。


お肌にとって、摩擦刺激があまり好ましくないというのはよく分かっているつもりなのですが、知ってはいながら、つい手加減なしにメイクを落としたりだとか、洗顔料を使用したりだとか、おまけにクリームも、ぐぐっと力の加減なしに塗りたくったりしてしまいます。


メイク落としの際には、クレンジング剤が化粧汚れとじんわりなじむようにして、そっと指の腹の部分で汚れを落としてあげるのがベターでしょう。



兎にも角にも、無駄な力は入れないようにし、無駄な摩擦を避け、優しく小さな円を描くようなやり方で!と、まあ、それができたら理想的なのですが、ふと気づくと、お肌に触る手に力をこめてしまっています。



砂糖など、糖質を摂りすぎる方はお肌のことを考えてちょうだい。砂糖などの糖質は、くすみの原因になります。

糖分が体内でタンパク質と結合すると、老化の進行を加速させる糖化産物を生じてしまいます。この糖化がお肌のコラーゲン(人体のタンパク質の約30%を占めているといわれていますが、単一のものではなく30種類以上あることがわかっています)に起きると、黄ぐすみが目立ってきたり、シミやシワ、たるみの悪化を招いたりする結果になることもあるのです。

シミと言えば、お肌の悩みの一つと言えます。加齢や直射日光を浴びたりすることで肌にメラニン色素が沈着するからであって、シミができると、実際の年齢以上に年上の印象を持たせています。顔にできてしまうのはものおもったより気になってしまいますが、毎日の肌の手入れでシミを防ぐことが可能と言えますし、仮に出てしまっても、シミを消すことが出来ます。
30代から40代の女の方が悩む肌トラブルのうちの一つが「肝斑」でしょう。

左右の目の下の少し頬側にぴったりクマのような感じにできるシミのことです。女性ホルモンが何らかの形で肝斑の原因となっているのではないかと疑われていて、「肝」の字から、原因として肝臓の不調を連想しがちですが、沿ういった関係性はない沿うです。


トラネキサム酸の使用によって肝斑を治療出来ると言うのが現在の医療の考え方で、CMをご覧になった方もいるかもしれませんが、大手化粧品メーカーや製薬会社から、内用薬として販売されています。



普通のシミ対策と同じ方法では、肝斑には太刀打ちできないでしょう。
コーヒー、紅茶、緑茶といった飲み物に入っているカフェインは、お肌にシミをつくる原因になると言われているのです。シミが出来てしまう箇所をあちこちに拡大、または、拡散させたり、長い間、カフェインを摂り続けていると色素沈着が起こり易い体質になってしまうのです。それに、緑茶に含まれる成分であるタンニンもシミにはよくないと言われる成分ですので、シミで困っている方は飲み過ぎることがないよう気を付けましょう。

関連記事はコチラ

メニュー